A M I Blog > 2016.05

アルデプロ 遂に問題の六本木物件 売却に成功‼︎‼︎‼︎‼︎ & ソフトフロントもIR開示 両ホルダーおめでとう。

アルデプロ、遂に【六本木】の売却に成功されたのですね。


1年以上、見てきた僕からすると、「遂にか・・・」っという嬉しい気持ち。


アルデプロ 1年以上暴騰していないが暴騰する日は?


この記事で、アルデプロについて少し触れたわけですが、、、


1年間ホールドして、延期・延期・延期の繰り返しを耐え続け、信じ続けた方達にとっては良い日でしたね。


ずっと続いていた、不安が払拭されたので。


まぁ、それが市場にどう評価されるのかは明日になってみなければ分かりませんが。


端から見ておきます。


さて、この件が片付いたことで、日本で2020年に開催予定の【東京オリンピック】で、一際目立つ、世界有数の大きな超高級ホテルが日本初で建つことでしょう。





高級ホテルブランド「ランガム(THE LANGHAM)」が、日本に初進出する。出店が計画されているのは、東京・六本木エリアの一等地。商業系デベロッパーおよびアセットマネージャーのパシフィカ・キャピタルの新規事業として、ホテル開発のオリジネーション業務を手がけることを発表した。



 パシフィカ・キャピタルの発表によると、ランガム ホスピタリティグループを傘下に持つ香港上場企業グレート・イーグル・ホールディングスの開発計画立案および土地取得に向けてアドバイザリー業務を行い、買主をグレート・イーグル社の関連会社として7月31日に土地の取得契約が締結。敷地面積は約4,000平方メートルで国内最大規模のホテル開発プロジェクトとなり、完成すれば「ランガム」ブランドホテルの日本1号店になるという。
 ランガム ホスピタリティグループは、1865年に英国ロンドンに開業した「ザ ランガム ロンドン」にはじまり、現在では香港や上海などアジアをはじめ、NYやロサンゼルスといった北アメリカ、オークランドやシドニーといった太平洋地域、そしてドバイなど世界各地に21の「ランガム」ブランドの高級ホテルを運営している。


http://www.fashionsnap.com/news/2015-09-06/langham-tokyo//blockquote>


まぁ、このホテルが立った時には、裏側と長き苦労の果てを知っているアルデホルダーの方たちは、1度は足を踏み入れたいことでしょう。


僕も、一度は足を運びたい。【住職】の流れとか、色々ありましたからね・・・・・・(笑)


そして、昨日、遂にトレンドを終え、下落へと始まった【ソフトフロント】でしたが。


IR開示が出ましたね。



【ソフトフロント】【ウインテスト】Oak軍も遂に終了? & 【アルデプロ】に少しIN!!!!



この記事で、
救出を待っている方がいるとしたら、それは、迎えがあるかは分かりません。


ただし、


『救出を待っている人に僕が言えることは、【希望・願望】で持ち続けるぐらいなら、早くに損切りすることを勧めます。売るに売れない値段になる可能性もありますからね、、、、』


と、記事にしましたが、このIRをきっかけにして、救われる可能性が出てきましたね。


まぁ、明日はさすがに大きく跳ねるのではと思っています。


それにしても、【ソフトフロント】側も話題が沈みかけたところで、開示してきましたね。


すっかり、ポジションをなくしていましたよ・・・・(笑)


まぁ、兎にも角にも、ホルダーの方々は嬉しいでしょうね。


おめでとうございます。

*この記事での銘柄は、僕自身が気になっている銘柄であり、決して買うことを推奨しているものではありません。投資は自己責任でお願いします。
posted by A M I at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日のつぶやき








































































































































































































































posted by A M I at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャートは何かを意味している?【石井工作研究所】今日の相場 & 明日の個人的に気になる銘柄は?【サハダイヤ】【AI関連】【アルデプロ】【Sブレーン】

僕はね、チャートというものは、何かを示していると思う。

完璧に何かを隠し通すことはできないからだ。


僕は、何か怪しげなものを感じて、昨日、【石井工研】へと引け前にインしたわけだ。





tweetを見てもらうとわかるが、日付・時刻は昨日だ。








すると、後場の終わりに近づくにつれて、上がり始める。








少し、やや凹まされるわけだが、、、





驚くのは、この後だ。


相場が引けた後に、


まさかの【猶予期間解除に関するお知らせ】発動。





絶対、なんか最後の上げでなんかあったろ(笑)


と、笑ってしまったわけだ。


そして、本日、当然のごとく、【石井工作研究所】はS高したわけです(笑)


まぁ、どうやら売りが降ってきたのか、結構下に落ちたけどね。。。。。


さて、他の取引ですが、、、、


@ソフトフロントが、朝8時に【STOP安】開始かという気配。


しかし、9時に近づくにつれて上がっていく。


僕は、「なかなか買いも強そうだな。寄り底買って、売るか」

っと思っていましたが、

見事に【502円】で約定。

そして、少しあげたが、まさかの売り圧力の勝ち。

僕は、こういう落ちそうな銘柄を買うときは、逆指値をしていたので、おかげで、微損で撤退。


しかし、後場に近づくにつれて、STOP安へと売りが強まる。


そして、OVERが圧倒的に増え、、、、今日の【ソフトフロント】は沈没。


次に、朝一の寄りで底をつけた本日、上場の【コメダ】が、急騰。


急いで、イン!


【1935円】で約定。

そして、頑張って上がってくれる、、、、「含み益が出てきた。」


そして、逆指値を少しずつ切り上げる。


すると、いきなりナイアガラ発動。


トリガー発動するも、下げが急すぎて、1940円のはずが、1936円で約定。


まさかの1円抜き(笑)


そして、【石井工研】がSTOP高から剥がれたのを見て、すかさずイン!!!


412円イン


再度、STOP高へ。


しかし、ガラリ、、、、、


415円アウト

微益撤退(笑)3円抜き。。。。


そして、もう買うものがないなぁ。っと思っていると、、、


【人工知能関連(AI)】関連が軒並み上がっていることに気づき、底値で仕込み完了。


【人工知能 (AI) 】は、2030年には、1200億ドル市場とも言われており、世界的にブームなトレンドで且つ、国策なわけだが、、、、市場拡大は確定かと。


囲碁やら、将棋やらでも話題になっているよね。海外では、弁護士が要らなくなる勢いだとか・・・


引けまで持ち越し。


そして、最後の後場で【アルデプロ】にイン、持ち越し。


それにしてもね、、、、今日の市場はよくわからなかった。


次から次へと訳のわからない、材料の出ていない銘柄が【STOP高】に行くという(笑)


僕は、高値で買わされて餌食にされるのは勘弁と入っていません。


ただ、「Sブレーン」は入ればよかったと思っています(デイトレで)


さて、明日の注目は個人的には、【Sブレーン】及び【サハダイヤ】、【アルデプロ】ですかね(笑)





【サハダイヤ】が、【猶予期間解除のお知らせ】とIRを4連発。





僕は入りませんが、少し、イナゴの軍勢が大量に押し寄せるのではないかと注視してみときます。
(*僕は入りませんがw)


今の価格、10円です。


S高で買って、また底に落ちれば、資産はおそらく1/5 とか、一桁までに落ちれば、、、、何10分の1へ。


1円の動きが怖すぎるので、やめときますw 僕が、仕込んでた人間なら高値でイナゴにぶつけて逃げるけどね(笑)


まぁ、上場廃止を免れただけでも、ホルダーのみんなは救われたということですね。


明日は、上述した銘柄は引け後にチェックしようかな。

*この記事での銘柄は、僕自身が気になっている銘柄であり、決して買うことを推奨しているものではありません。投資は自己責任でお願いします。
posted by A M I at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ソフトフロント】【ウインテスト】Oak軍も遂に終了? & 【アルデプロ】に少しIN!!!!

僕が気になると記事にしてから、早一週間半が経過したわけですが。


『ソフトフロント』と『ホットリンク』、来週に向けて気になる銘柄。



もう、僕の中では、よく頑張ってくれたという感じです。
あの世界を騒がせた【EU離脱問題】でもマイナスで引けることもなく上げ続けてくれたわけですが。


そして、昨日の記事からの今日なわけですが、、、、

ソフトフロントが引け最後で急落。ウインテストは続伸 & 触れて捨てた3銘柄がSTOP高するなんて・・・・・


今日の結果はというと、、、


やはり、『ウインテスト』は落ちましたね。。。。。


一昨日に首吊ってるから、危ないと昨日、書いたわけですが、後場のS安付近で拾って、一度反発した時に得ることができれば、利益は稼げました。2、30円抜きぐらいだが。


そして、明日大きく垂れたらマズい。と書いていた『ソフトフロント』ですが、、、


一度もプラスになることもなく、落ちました。S安に張り付きです。


救出を待っている方がいるとしたら、それは、迎えがあるかは分かりません。


ただし、救出を待っている人に僕が言えることは、【希望・願望】で持ち続けるぐらいなら、早くに損切りすることを勧めます。売るに売れない値段になる可能性もありますからね、、、、


特に、株式投資を始めたての初心者の方などが、ここ一週間目立っていた銘柄なので、もしかすると餌食になっている可能性もあります。


そして、今日の取引ですが、それは2つ目の記事に書こうと思います。


この記事では、【アルデプロ】に少し触れようかなと。


【アルデプロ】


昨日、【アルデプロ】【六本木】という去年の記事で、えらく検索して見に来てくださっている方がいるようなので、記事にさせて頂きました。



アルデプロ 1年以上暴騰していないが暴騰する日は?


上昇を期待して、1年以上も耐え続けているホルダーの少しでも力になれればと、、、、
(*僕がホルダー時代に知り得た知識で。)


するとですね、今日のアクセス数が物凄いことになっていたので、(特に昨日の記事)


少し、書きたいと思います。


まぁ、全てはあの記事に入れたと僕は思っているので、ほぼ事後報告のようなものです。


あの一昨日ぐらいからのアクセス数の増加から、昨日の記事を書いたわけですが、それで僕の過去記事を遡ったんですよね。


すると、こんなものを見つけてしまい。



アルデプロ いよいよか?悪材料は出尽くした。連結経常利益は前年の11倍!?!?




ここの記事ですが、


『平成27 年7 月31 日付で以下の販売用不動産について売却契約を締結しましたが、当該
売買契約は、当社エリアと隣接地エリア一体での同時決済が前提となっております。
この度、隣接地エリアにおいて決済日までに履行すべき事項が履行できなかったことに
より、売却決済予定日を平成28 年6 月30 日迄に延期することとなりました。
なお、上記の履行すべき事項が早期に成就し当事者間で合意した場合には、決済日が前
倒しとなります。
その際には、改めてお知らせ申し上げます。』


さて、僕のブログに最近、異常にアクセスしてきている人達の気になるワード【六本木】の件です。


僕は、ホルダーを撤退して以来、忘れていたのですが、去年の開示IRの1文 ↓


【売却決済予定日を平成28 年6 月30 日迄に延期することとなりました。】


これを見て気付いた人もいるのでは?


そうです。これ、明日です。


【アルデプロ】が、明日、六本木の売却IRを出してくれることを信じて、僕は引け前に買いました。


と言うよりも、僕はこのIRが見たくて、去年から10ヶ月近くも待っていたわけですよ。


そして、4月に離脱し、アンジェス、ピクセラ、シンバイオっと点々とし、今に至るわけです。


ここに資金拘束されていなければ、僕は、「さくらインターネット」に参加し、9バガーを経験できていたでしょう。
(*まぁ、今更言っても後の祭りですがw)


もう、この【アルデプロ】こと、アルデちゃんが、売却IRを出してくれた暁には、不良高校生が超真面目になって東大生になるような、やっと成し遂げてくれたかという嬉し泣きをしてしまいそうですねぇ〜(笑)


本当に、今思うと、長かった(笑)1年近くも待ってたなんてw


まぁ、そういう期待を込めてのインですね。この株には、色々と学ばせていただいたので(笑)


それでは、明日の開示情報を楽しみに僕はするとします。


マイナスを抱えていて、不安な人、希望や願望で持っている人は、早めの損切りを推奨します。

僕は、1月前に仕手株で高値を全力で買い、一瞬で資産が2/3になり、それをじっと耐えていれば、気づくと半分になりました(笑)


しかし、あの損切りをしていなければ、今頃、僕の資産は30%にまで減っていました。


実際は僕は、半分になる前に売らなければいけなかったんですが、終わった相場を希望でポジを保ち続けたために死んだんです(笑)


しかしですね、余力のお金が少しでもあれば、復活することはできます。


僕は、資産を40%でまで減らされはしましたが、2週間で70%まで取り戻すことができました。
つまり、生きてさえいれば、復活することはできるということです。
(*退場を喰らってしまえば、復活することもできません。)

安全第一・生きることが最優先です。


生きてさえいれば、数倍株・テンバガー株に出会えるチャンスはあるということです。


他のテーマ株などに移ることで、利を伸ばして、損を短くすれば結果は自ずとついてきます。


*この記事での銘柄は、僕自身が気になっている銘柄であり、決して買うことを推奨しているものではありません。投資は自己責任でお願いします。
posted by A M I at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日のつぶやき
















































































































































































































































posted by A M I at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | twitter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする