A M I Blog > 2017.03

【将棋ウォーズ】始めました。将棋を極めよう〜〜(笑)

約A週間前に、【将棋ウォーズ】を始めました。

始めた経緯ですが、、、、新しい後輩がやっていまして、僕に『先輩、将棋強いですか?僕とやりましょう!』

どうやら、ここ最近、確信に変わったんだが、僕は九州男児との仲よくなる率が異常に高い。
(※同期、後輩問わず。)

奇跡の絶景に出会う旅 九州・山口 (ウォーカームック)




波長が合いやすいのだろうか、、、それとも僕が元々九州に近いということも関わっているのだろうか。

本当に、仲良くなると昔からずっと一緒にいるのだ。
周りの女の子から、ホモ扱いされるほどだ。

そんなことはさておき、僕は答えた『そこそこ将棋強いよ。昔から、ゲーム嫌いの母親のせいと、祖父が将棋の先生やってたからずっと闘わされてたからね(笑)』

そして、戦ったわけだが、僕の人生経験上では、中途半端に将棋を齧っているやつを数分掛からず瞬殺できる戦法。
僕のお得意の戦法だ。
【三間飛車】からの【鬼殺し】で瞬殺。

後輩 『始まって早々ですが、もう辞めていいですか?(笑)』

AMI  『ワロタwww。もう一回やろうか。』

後輩 『先輩、一緒に【将棋ウォーズ】やりましょうよ。段位認定も貰えるんですよ。このアプリ。先輩ならすぐ上に行けますよ。』

と、まあ。このような経緯で一緒に始めることになったのだ。

この後輩、可愛いやつで毎日のようにチェックしてきて、『先輩、今日はいい勝負でしたね。あとで、僕とやりましょう。』と言って来るのだ。

そりゃ、他の同期のやつにも『可愛い後輩だよね。あいつ。』と言われるわけだ(笑)

今、A、B週間での僕の成績は、【1級】だ。



このアプリ、無課金勢は1日にB回しか対戦できなんだよね。
つまり、1日B回のうちで、A勝しておきたいわけだ。

スタートは、みんな共通の30級からスタート。
そこから勝つたびに、1級ずつ上がっていくんだが、このアプリ、人工知能というか、機械がおそらくプレイヤーの力量を解析していてその実力に相当するレベルの対戦相手にばかり当たる傾向にある。

始めて、@、Aヶ月経過している後輩は【B級】で停滞しているわけだが、始めたての僕の対戦相手は【初段】や【A段】なのだ。

そして、おそらく、そのレベル(推定される自身の強さ)ぐらいまで昇級すると、上の達成率が低くなる。

僕は、永遠と99.99%を維持していたのだが、@級に上がった途端に、60%になった。

つまり、ここが僕の掃討する強さだと判断されているのだろう。

実際、有段者は本当に強い。
妥当なレベルだ。

まぁ、頑張って段を目指してみます。

あと、将棋って流行っているのかな?これから流行るのかな?

【BUMP OF CHICKEN】の曲で【アンサー】という曲があるんだけど、将棋のアニメだよね?

アンサー

新品価格
¥250から
(2017/4/30 01:14時点)




まぁ、兎に角、将棋は面白い。

始めた方は、フレンド登録もできるそうなので、僕のプレイヤー名を登録してもいいですよ(笑)
(※来るもの拒まず、去るもの追わずなので。)

ちなみに、フレンドの対戦を覗いたり、その日の勝敗を見たりできるので若干、それも話のネタになるしね。

【将棋】が流行るといいね。面白いものは、どれだけ経っても面白い訳で。
【チェス】も面白いけど・・・・・

なかなか勝てない人は、とりあえず、【戦法】や【囲い】を勉強して、自分の性格にあった動きを考えよう。

僕は、兎に角、攻めて攻めて攻め続ける。攻撃こそ最大の防御スタイルなので。

僕の経験則だけど、【穴熊】ってやっぱり硬いよ。

堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊

新品価格
¥1,663から
(2017/4/30 01:12時点)




おすすめサイト⬇︎

【囲い】 将棋で最強の囲いは何か? 囲いの堅さランキング(11種類を徹底比較)
posted by A M I at 01:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サマナーズウォー】【ワールドアリーナ】レート1500達成 オススメ星★4モンスターは?

サマナーズウォーから、【ワールドアリーナ】イベントが始まりました。

年末のお試しイベントから、実装に至るとは・・・・

しかも、1クールが3ヶ月という長さ。
しかし、それぐらいないと、レート1500まで辿りつける人はごく一部に限られることでしょう。

みんなもあの【羽根】が欲しい筈。

カッコイイもん。



で、今回は、僕が遂に1500を達成したので、記事にしたいと思います。

また、どういう方へのオススメかですが、、、、

キャラが豊富な方は必要ないと思います。
この記事を読んで参考になる方は、こんな方です⬇︎

@★5モンスターをあまり持っていない方。
A免疫★5を持っていない方。
B全体剥がしモンスターを持っていない方。
C速度で先手を取れない方。

これら上記の4つの方です。

僕が、1500までに使ったモンスターの種類は、6種類ぐらいです。

早速ランキング付けします。(※個人的に)

★★★★ランキング

@クムヌ【火のアヌビス】

無課金でも比較的に手に入りやすい上に、修正されて以降、鬼の強さになったモンスターです。

僕自身、幾度もの危ない橋をクムヌのシールドパッシプによる1万越えのシールドで渡ることができました。

使用頻度は、ほぼ80%ぐらい。
(※特に、紙耐久となりやすい【ヴェルデハイル】(火のヴァンパイア)との同時使用が多い)

Aヴェルデハイル【火のヴァンパイア】

ルーンは【オール反撃】

A番 体力
C番 クリ率
E番 体力

速度は、170ぐらい。(サブで確保すると、耐久性がかなり向上。)

正直にいうと、オススメは【オール反撃】です。
ヴェルデハイルをA体持っていて、使い分けたりしてましたが、圧倒的に回転力が上がるのはこっちです。

まず、【風のドラゴンナイト】が相手側にピックされた瞬間に、僕は【オール反撃ヴェルデ】を入れていました。

なぜか??

それは、他のモンスターに意志保護をつけておくと、ゲージ操作のヴェルデハイルが敵からすると鬱陶しいため、ゲージを下げようと高確率で攻撃されます。

そこで、反撃をかましてやればほぼ全員が先手を取ることになります。

その流れで、1匹を確実に落とし、状況を有利に持っていけます。

動画を見て貰えばわかると思います。

Bデルフォイ【風のシルフィード】

個人的には、暴走よりも、【意志】と【保護】を入れた方が良いと思います。

まず、僕は★★★★ランキングにオリオンは入れません。
強いんですよ。頭がおかしいぐらいに。暴走率が。
ただ、先手でPICKされる確率が非常に高く、自分が選べない可能性が高くなります。

ルーンが豊富でない僕は、無駄キャラになるオリオンは除外してます。
また、オリオンは、先手で【意志】と【保護】をつけられているパーティーに出くわせば、ほぼ無効化できます。
上の方では、対策もされているので、必要ないです。

デルフォイの使い所ですが、、、、

自分は、【ヴェラード(水ドラゴン)】や【風の妖精王】のA体がPICKされた時に、仕方なく入れています。
あとは、【ペルナ】対策とかでも。

★★★★はこのB体がメインです。

続いて、使用した★★★★★モンスター紹介。

@デオマルス(水のイフリート)

これは、正直、サマナー界をぶっ壊した許すまじきクソキャラです。

なので、僕は使いたくなかったのです。
ルーンもつけてなかった。

ただ、対戦相手でPICKしてくるやつの多さが凄い(水イフ頼り感がムンムンする)があり、また異常な暴走率から、相手にいる時の事故率が非常に高いため、それを阻止するために中途半端なルーンをつけて最初にPICKします。

B連撃の縦割り攻撃があるため、B段階判定で修正でぶっ壊れた強さになった【ライカ】(火のドラゴンナイト)をあわよくばワンパンできます。

また、ルーンは、、、、僕は先手を取れないので、【意志】・【保護】で【ペルナ】とほぼ同じ速度にしています。
同時に超火力で@匹を消すため。

まぁ、個人的には、相手に使わせないために使ってるという感じです。

A【ペルナ】火のフェニックス

正直、ペラい。

スキル延長で一瞬で落ちる。

しかし、超火力持ちなため、【クムヌ】のシールで守ってやると、、、、、かなり闘える。

ルーンは【暴走】・【意志】

B孫行者(風の猿)

スタンばら撒い要員。

絶望ルーンで

A番 防御
C番 攻撃
E番 攻撃

火力と硬さで耐え続ける。
ちなみに、防御力をめちゃくちゃ上げている理由は、クムヌのシールド量を破れないようにするため、ダメージ量を軽減させる目的です。

Cアナベル(水のオカルト)

強いというけど、正直、強さを実感できない。

敵にすると強いのに、味方にするとかなり・・・・

なので、正直なところ使ってないです。

まず、第一スキルが強制的に眠らせるって書いてあるにも関わらず、抵抗される時点で使う気がしない・・・

ルーンは・・【意志】・【暴走】

Dエラドリエル(風アークエンジェル)

単体の剥がし要員・蘇生役として使用。

ルーンは、【暴走】・【意志】です。

Eヴェラモス(闇イフリート)

ヴェラモスは、1500ポイント手前でかなり使えることが発覚しました。

耐久振りの攻撃型にすると、かなり強いです。

ルーンは、【暴走】・【元気】で使用しました。

下に動画も載せておくので、見てもらうと反撃ヴェルデとかもわかると思います。





posted by A M I at 00:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | サマナーズ・ウォー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする