GACKT 王様のブランチ 出演&マリスミゼル時代の曲はここで作っていた。

また、ブログランキング上げるのシンドイなぁ~~~。


まぁ、ちょっとづつ更新していこう。


かつての栄光。





最近、何を書けばいいのかネタに困ってます。


1年ちょっとで、このBlogの記事数も800を超えてきました。1000という4桁の大台まであと200記事です。


ふぅ・・・・サボっていた割には、意外にも記事が書けているようで、・・・・・・正しい記事を書けば書くほど、インターネットで検索を掛けた時に、上位に表示されやすくなって行くんだったかな?


まぁ、上位に表示されるためにはSEO対策という物があって、色々と小細工をしたり、企業にお金を払って検索上位にするためのゴミサイトを作ったりしていくと少しの努力で1ページ目に出てくるようになったりするんだそうです。


近年では、上記の方法が検索者の得たい情報と関係ないサイトばかりが表示されるので、Googleさんなども対策してきてるそうですが・・・・・


僕には、お金も無い。そんな小細工というか・・・・そういうことを出来る知識も無いので心配する必要はないかな。


話を変えると、最近Blogで紹介する為に、企業とかお店から新商品とかが送られてくる人って素晴らしいな。


これこそWinWinの関係という状態か。ところで送られてきたものって、貰えるのかな?そこにいつみても疑問を抱く。一時的に、貸してくれるだけなのか・・・・でも、それは面倒くさいから無いか。


はい。


本題に入りましょう。


昨日、TVで放送されていた、GACKTさんが度々出演する『王様のブランチ』です。


まずは、YOUTUBEを貼っておこう。


気になる人は、消されてしまう前に観てみては?





まぁ、今から内容を少し纏めて紹介していこう。



『パンサー』という芸人さんがGACKTさんの所へ突撃してくれました。

で、質問から。

『パンサー』 「GACKTさんは僕たちの事をご存知ですか?」




GACKT 「え~~~・・・・・知らない。」




謎の男 「知らないんですか!一応、僕、こんなネタあるんですけど・・・・『サンキュ~~~~~~~!!!!!!』」




GACKT 「指折るよ。」




謎の男 「グッと行かれちゃいますから(笑)」


っと余談は終わりで・・・・・


で、今回のお題は『池袋』


ここは、20年前、GACKTさんがバンド活動をしていた頃にバンドメンバーで共同で棲んでいた場所です。


GACKTさんが英語でしか会話してはいけなくしていたというのは、、、、、ここに住んでいた時の話だったのかな?・・・・・・


で、まず最初に訪れたのは、『西池袋公園』




このときに、GACKTさんの『Missing』という曲が流れてきます。


この曲、自分の中ではかなり好きな曲。歌詞を聴いてるのが好きかな。





ここは、GACKTさんにとって思い出の詰まった公園なんだとか。




何故かというと、バンド時代にこの公園の近くで暮らしていたから。


だから、この公園へ訪れては、ベンチに座ってずっと曲を作っていたそうです。


パンサー  『曲を作る時っていうのは、楽器とか持ってこずですか?』

GACKT  『楽器はいらない。頭の中で作るから。』


パンサー 『頭の中で色んな曲を頭の中でかき回すという感じですか?』

GACKT  『まぁ、そうだね。頭の中でメロディーが楽譜になるから、それで・・・・歌詞を書いたりとか、、、、、』


パンサー  『ちなみに、(公園の中で)よくいた場所は何処ですか?』


GACKT  『ホント、ここだよ(笑)↓↓ 』


GACKT 『ズぅ~~っと一人で座って、ここら辺に座りながら・・・』


パンサー  『遊具とかにも座ったりしていたんですか?』


GACKT  『うん。でも、これ、、「あったかなぁ~?」って思ってるんだけど・・・・、ベンチとかにも良く座ってたんだけどね。』


パンサー 『この、公園で何曲ぐらい作りましたか?』


GACKT  『MALICE MIZER の曲は結構、ここで書いてたねぇ。』


で、作曲の話は終わって、


理想のボディラインを持つ男性有名人


に選ばれたGACKTさんの強さの秘密へ。





パンサー 『GACKTさん。ジムはよく来られますか?』


GACKT  『家にジムがあるからねぇ〜』


パンサー  『トレーニングメニューは??』


GACKT 『ウエイトをやる日と、ストレッチは必ずやるんだけど、ハードストレッチを入れて、後は、アクションや回転系(バク転、バク宙など)を。』


パンサー  『歌手、ですよね??』


GACKT 『うん???』


パンサー  『歌手ですよね??アーティストですよね?』


GACKT  『歌手とか・・・・アーティストの前に、男じゃん。最低でも、自分の側に居る女の子や自分の大切な人たちを守れないっていうのは、もう、男という概念から外れてると思う訳。』


パンサー  『おれ、一回、絡まれて逃げたことがある・・・・駄目なのかあれ。』


ここで、パンサーがGACKT流トレーニングを体験。


GACKT  『じゃあ、とりあえず。グッっと力を入れて、「パーンっ!!」っとやってみよう。大丈夫、大丈夫、足を止めたところから行くから。』





GACKT 『ここに入るから。』





パンサー  『うわ〜〜〜〜。・・・・ちょっと待って下さい(笑)っみぞおちですよ!!(笑)』


GACKT  『これでも、うちはね。打ち合うからね。ダンサーとかでも。』


これは、GACKTさん流の腹筋のトレーニング方法の腹筋を殴って、お腹の内圧を高めるというトレーニング方法。


GACKT 『ゆ〜〜っくりいって、『行くよ』って言うから。「行くよ!」・・・パチッ!!だから(笑)』




GACKT 『大丈夫?行くよ?』



パンサー 『いや、ちょ、ちょっと・・・そこで??(笑)』


っと、おちゃめな所を少し見せた後に・・・・




いよいよ本番。


GACKT 『行くよ?』








パンサー 『ウワッ!・・・・・ちょっと待って!本当にヤバイよ!この人。』


そして、GACKTプライベートの『麻布10番』へと向かいます。


ここには、GACKTさん昔の専属シェフが経営しているお店があります。


そのお店の名前は『feel』というお店、場所は、『港区東麻布3−5−12 麻布CCビル1F』

です。


GACKTさんが食べた料理がここで食べられるそうです。


そのシェフ泉さんとの出会いというのは、、、、


GACKT 『BARを作ろうか。という話をしていた時に、BARを作る側の人間としての仲間で居たんだよね。『だったら、オマエシェフやれよ。』って。。。。。。』


で、体調管理や食事を全て担当することに。


パンサー  『泉さんが作る料理で好きなのは何ですか?』


GACKT 『まぁ、特に冬になるとね。鍋が・・・僕が辛い物も凄く好きで、肌にも良い、代謝も良くなる、そういうのを突き詰めてこう、、、、考えていったら、こんなん成りました。みたいな。』



ここで、GACKT特製鍋が・・・





GACKT 『でも、、、これね。ちょっとネギが入ってないから。』



パンサー 『まだGACKTさん仕様にはなっていない?・・・』

仕上げとは・・・・


泉シェフ  『お持ちいたしました。』

パンサー  『なにこれ!!!!!!』

GACKT 『ちょっと貸して。』



パンサー 『GACKTさん!!!真っ赤っか!!!』

GACKT特製 火鍋



この料理は、GACKTさんが体内をデトックスしたいと思った時によく食べるそうです。

まずは、GACKTさんによるスープチェック。


GACKT 『そんなに辛くないよ』



GACKT 『あのね・・・・・』




パンサー  『え~~~~~~!!!!!!!!!!』

この嬉しそうな笑顔。

GACKT  『ちょっと、食べてみようよ。本当にね・・・・全然ね・・・・』

パンサー 『意外と?』

GACKT 『意外とね・・・・たいしたことない・・・』


パンサー 『結構、喉きてますよ(笑笑)』


GACKT 『いやいや、辛いけど・・・・美味しい。』



これに豚肉をいれて、大量の唐辛子を肉で巻き、食べるのがGACKT流であり、GACKTファミリーに入るための登竜門です。


ちなみに、GACKT特製 火鍋は3月から期間限定で食べることができます。


東京に行く人は、行ってみては?


ちなみに、雑談を書くと・・・・GACKTさんの新曲である。

『P,S. I LOVE U』

P.S.I LOVE U(DVD付)





は、製作期間が半年も掛かったにも関わらず、レコーディングやPVを一度完成品を作った後に、GACKTさんが気に入らなくなり、それを全てお蔵入りにして、新しく1からやり直したそうです。


完璧な作品を届けたいから、やり直したのだとか・・・・・


他には、、、、GACKTさんは群馬にスキー場を持っているのは有名ですが、それは自分が滑っていた時にそのスキー場に惚れ込んで、オーナーから買ったそうです。


それが、もう知人に譲ってあげたというのは知りませんでしたが・・・・






BEST OF THE BEST I ~XTASY~ 2013 [Blu-ray]


よく
posted by A M I at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | GACKT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A M I Blog >  GACKT > このページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388819771

この記事へのトラックバック