【人は心を許せる友人を求めている】ものである。

やることあるのに、夜中に更新するとは、、、
ささっと書いて、終わらせよう(笑)

昨日、高校時代の友人たちと出会った。

数年前は、クラスの半分以上を集めて、夏やら年末などに集まって、近況報告的な感じで盛り上がったものだった。



人は、同じ環境下ではなくなると連絡も段々と薄れて行くものである。
そのため、昔は仲が良くても実際に、違う場所に移動していったりすると会わなくなるものなのだ。

これも、僕の4年以上前の記事を掘り起こすと出てくるだろうが、1人の人間が友達との関係を保ち続けるのに精一杯努力し、保てる人数は150人程が限度だとされている。

しかし、現実的に考えると、忙しさなどで旧友たちと頻繁に連絡を取ることも難しくなってくる。
だから、Face Bookなどが人気化したのかもしれない。

さて、今回の記事を書こうと思った経緯だけども、、、、、、

まぁ、久しぶりに別々の旧友にあったわけです。
数日間。

それは、高校時代の友人で男1と女2の4人組で遊ぶことが多い面子なわけだ。

しかし、人というものはどこでいきなり仲良くなるか分からないものである。
学生時代には、殆ど関わりのなかったメンツと、気づけば年1回集まったりや旅行に行くほどの仲になるのだ。



そして昨日、話題になったのが。

昔の他の友人たちから、『どうして、あの4人はあんなに仲良いの?学生時代は仲良くなかったでしょ?』

この言葉を誰しもが、誰かから聞かれていたのだ。

そして、何軒かはしごして、他の子が夜に合流してきたのだが、、、、、その時。


 
合流組  『卒業してから気づくけど、仲良い友達、いないわ・・・・・』

女の子  『そんなことないよ。みんな、本当に仲良いと言える人は4、5人ぐらいだよ。』

合流組  『そうなの?仲良い友達、欲しい・・・』

やはり、社会人になって働き出し始めると、愚痴の1つや2つ言いたくなる不満も出てくるものなのだろう。

そんな時に、『心を許して会話ができる友達が欲しくなるんだろうなぁ。』っと思いながら話を聞いていた。

僕は、【ロボット】と呼ばれるぐらいの感情的にならない人間だからか愚痴りたいとはあまり思わない。

やらかして、泣きそうになっている女の子に『なんで落ち込んでるの?落ち込んでも仕方なくない?』と声をかけ、『人って寝て起きたら大抵は忘れる生き物で、やらかしたことに泣くよりも、それを解決することに行動しようぜ。』と追撃した。

すると、他の子に『この人怖い。ロボットや(笑)』と呼ばれたのだ。笑
その時に、『普通の人は、そんな風にできないの!(笑)悲しいもんは悲しいの!(笑)』と言われた。

『そうなのか』と・・・・理解。

僕はあまり人と揉めることがない。
僕は、自分に対して上から目線で積極的に攻撃してくる人間以外に敵意を持たないからだ。

だから、敵意がない人が何をしてようと何も感じない。

しかし、人っていうのは、何かしら遠慮を抱えて行動してしまうものである。
この日集まった友達も、『唐揚げにレモンかけてもいい?』や『卵、お箸で潰してもいい?』などを聞いてくるわけだ。

僕は、食べ物でも嫌いなものが無いので、料理関係でも気にしない。
(※よく食べ物の好き嫌いと人の好き嫌いは相関すると聞くが。)

なので、『別に細かいこととか気にしないし、好きなようにやってくれていいよ(笑)めちゃくちゃしてよ。』と答える。

すると、『じゃあ、めちゃくちゃにw』と笑いも軽く生まれるし、段々と久しぶりに会う遠慮も和んでくる。

他にも、酔いすぎてカラオケボックスでゲロをブチまけた女の子がいた。
男ならよくあることだが、その時は女の子だったため、本人は、本当に申し訳なさそうにしていた。

全米ベストセラーの臭いスプレー リキュッドアス BARFume Puke Spray 日本正規品 Made in USA ゲロスプレー いたずらグッズ




しかし、友達が店員を呼んできて、ゲロを処理するわけだ。
しかも、その処理器具が、吹き掛けると一瞬で固まるという不思議な粉で、それに対して驚き、みんなで爆笑していた(笑)

⬇︎(コレコレ。笑 本当に便利。)

高性能嘔吐物凝固剤 オウトロック 700g 2本セット




相手が恥ずかしいと思うようなことが起きても、温かく笑いに変えてあげるとイキイキしてくるものなんだなぁっと実感した。

でもまぁ、そういう人って少ないんだろう。
細かいことを気にしてしまう人も少なくない。

だから、心を許せるほどのレベルまで達するには、お互いが気を使わなくても済むぐらいのレベルまで行かなければならないため、何かしら連絡を続けるなど、一緒に過ごす時間を持つなど許容してもらえる程の仲を作る最初のキッカケが必要だ。

そこから、離れ離れになっていても、10年間とか関係が続いている場合、『これって、もしかして一生会うほどの友人になれるんじゃないのか?』と思い始めるだろう。

兎に角、心を許せる友達を作るには、時間をかける、年数回でもいいから会うしかない。
自分の時間も相手の時間も使わなければ、絶対に親密になることはできない。

会う時間が殆ど取れない人とは、週1、2回の一言LINEを1年半とか続ければ、悩みや調べ事、相談をしてくれるぐらいに心を開かせることはできる。
しかし、それも最初のキッカケには、何かしら親密になる共有時間が必ず必要なのだ。

恋愛でいえば、2人だけの秘密的な?

消防士さんとかは、保育士や学校の先生と出逢い付き合ったりする機会を得やすい。
その理由は、防災訓練などの打ち合わせで顔を事前に合わせ、話す機会があるためだ。

キッカケさえ掴めば、あとは自分の行動力次第だろう。
友達を作るにも、自分から行動しなければ始まらない。
余程、魅力的か面白すぎる人は周りから来るかもしれないが・・・・・

まぁ、【心を許せる友人を人は欲している。】ものなのだなぁという記事でした。
posted by A M I at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A M I Blog >  個人的思想 > このページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック