生まれた誕生日月が近づくと体調が悪くなる?【誕生日クライシス】とは。

今日は【誕生日クライシス】について。

僕は、10年以上前からかな?

普段は1年を通して、【食当たり】に合わない限り、体調を崩すことはない。

しかし、年1回だけ毎年、体調を崩す時期があるのだ。
子供の時からずっとそうだった。

誕生日月の前後1ヶ月のどちらかになると体調を崩す。

もうこれは絶対なのだ。お決まりと言ってもいい。
ある意味で、休みをあらかじめとっておくこともできるだろう。

そして、僕は調べてみたのだ。
AMI 『こんなに、毎年決まった誕生日前に体調を崩すなんてオカシイ。何かあるのでは?』と。

【誕生日 月 体調崩す】と検索をかけてみた。

やはり、関係があるようだ。
(※少し、重すぎる気もするのが出てきたが・・・)

『中居正広のミになる図書館』で話題!
170万人調査で判明!誕生月で「なりやすい病気」が分かる
2月生まれは肺がん、9月生まれは喘息に要注意

【誕生月別 罹りやすい病気】

1月  高血圧・心筋症
2月  肺がん・気管支がん
3月  前立腺癌・心房細動
4月  狭心症・急性心臓病
5月  最も病気にならない(最強の月)
6月  心筋梗塞前症候群・喘息発作
7月  2番目に病気になりにくい
8月  結膜炎
9月  喘息・中耳炎・嘔吐しやすい
10月  風邪・急性咽頭炎・胃の機能障害・月経痛
11月  急性扁桃炎・下痢・非炎症性の膣症状
12月  痣が残りやすい


ただ、僕が求めていたのは、これじゃない。
こんな重いものではなくて、風邪とかインフルエンザでもないのに、39度近い熱が出たりするのだ。
医師もびっくりなのだ。

医師 『よく、風邪とかで39度とか出るんですか?』と聞いてくる。

さらに調べてみた。

誕生月は、その人が生まれてから丁度1年が経つ時期だ。

人は、1日24時間の周期で生活しているわけだが、丁度1年経つ誕生日にそれまでの1年間の体内時計というか体内周期のズレをリセットし直そうとすることで、体調を崩すらしい。

これを【誕生日クライシス】と言うのだとか。

因みに、誕生日クライシスの症状は、人によって異なる。

僕の場合は、毎年、高熱が出るのと体の気怠さだが、大抵は点滴か2日寝ればコロッと治る。

人によっては、気分などに影響が出ることもあるそうだ。
落ち込んだりとか・・・・

もし、この記事を読んでいる人がいるとすれば、【誕生日付近と体調悪化】の関連で辿り着いているだろう。

自分の身体を一番よく理解することができるのは、自分自身だけだ。

事前に有給やらを残しておくなどできるように、しっかりと理解しておきたいものだ。
(※この誕生日クライシスも毎年のように同じ時期にかかっていなければ、なかなか気づけないかもしれないが)
posted by A M I at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A M I Blog >  オカルト > このページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448609985

この記事へのトラックバック