【将棋ウォーズ】始めました。将棋を極めよう〜〜(笑)

約A週間前に、【将棋ウォーズ】を始めました。

始めた経緯ですが、、、、新しい後輩がやっていまして、僕に『先輩、将棋強いですか?僕とやりましょう!』

どうやら、ここ最近、確信に変わったんだが、僕は九州男児との仲よくなる率が異常に高い。
(※同期、後輩問わず。)

奇跡の絶景に出会う旅 九州・山口 (ウォーカームック)




波長が合いやすいのだろうか、、、それとも僕が元々九州に近いということも関わっているのだろうか。

本当に、仲良くなると昔からずっと一緒にいるのだ。
周りの女の子から、ホモ扱いされるほどだ。

そんなことはさておき、僕は答えた『そこそこ将棋強いよ。昔から、ゲーム嫌いの母親のせいと、祖父が将棋の先生やってたからずっと闘わされてたからね(笑)』

そして、戦ったわけだが、僕の人生経験上では、中途半端に将棋を齧っているやつを数分掛からず瞬殺できる戦法。
僕のお得意の戦法だ。
【三間飛車】からの【鬼殺し】で瞬殺。

後輩 『始まって早々ですが、もう辞めていいですか?(笑)』

AMI  『ワロタwww。もう一回やろうか。』

後輩 『先輩、一緒に【将棋ウォーズ】やりましょうよ。段位認定も貰えるんですよ。このアプリ。先輩ならすぐ上に行けますよ。』

と、まあ。このような経緯で一緒に始めることになったのだ。

この後輩、可愛いやつで毎日のようにチェックしてきて、『先輩、今日はいい勝負でしたね。あとで、僕とやりましょう。』と言って来るのだ。

そりゃ、他の同期のやつにも『可愛い後輩だよね。あいつ。』と言われるわけだ(笑)

今、A、B週間での僕の成績は、【1級】だ。



このアプリ、無課金勢は1日にB回しか対戦できなんだよね。
つまり、1日B回のうちで、A勝しておきたいわけだ。

スタートは、みんな共通の30級からスタート。
そこから勝つたびに、1級ずつ上がっていくんだが、このアプリ、人工知能というか、機械がおそらくプレイヤーの力量を解析していてその実力に相当するレベルの対戦相手にばかり当たる傾向にある。

始めて、@、Aヶ月経過している後輩は【B級】で停滞しているわけだが、始めたての僕の対戦相手は【初段】や【A段】なのだ。

そして、おそらく、そのレベル(推定される自身の強さ)ぐらいまで昇級すると、上の達成率が低くなる。

僕は、永遠と99.99%を維持していたのだが、@級に上がった途端に、60%になった。

つまり、ここが僕の掃討する強さだと判断されているのだろう。

実際、有段者は本当に強い。
妥当なレベルだ。

まぁ、頑張って段を目指してみます。

あと、将棋って流行っているのかな?これから流行るのかな?

【BUMP OF CHICKEN】の曲で【アンサー】という曲があるんだけど、将棋のアニメだよね?

アンサー

新品価格
¥250から
(2017/4/30 01:14時点)




まぁ、兎に角、将棋は面白い。

始めた方は、フレンド登録もできるそうなので、僕のプレイヤー名を登録してもいいですよ(笑)
(※来るもの拒まず、去るもの追わずなので。)

ちなみに、フレンドの対戦を覗いたり、その日の勝敗を見たりできるので若干、それも話のネタになるしね。

【将棋】が流行るといいね。面白いものは、どれだけ経っても面白い訳で。
【チェス】も面白いけど・・・・・

なかなか勝てない人は、とりあえず、【戦法】や【囲い】を勉強して、自分の性格にあった動きを考えよう。

僕は、兎に角、攻めて攻めて攻め続ける。攻撃こそ最大の防御スタイルなので。

僕の経験則だけど、【穴熊】ってやっぱり硬いよ。

堅陣で圧勝! 対振り銀冠穴熊

新品価格
¥1,663から
(2017/4/30 01:12時点)




おすすめサイト⬇︎

【囲い】 将棋で最強の囲いは何か? 囲いの堅さランキング(11種類を徹底比較)
posted by A M I at 01:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A M I Blog >  将棋 > このページ
この記事へのコメント
ルイヴィトンは、我が国の女性からは何十年間も高い関心を得ていますが、最近は、宝飾品のコレクションの作製や服作りに取り組み始めたことでも関心が高まっています。
ルイヴィトンバッグ-ヴェルニ
Posted by 佐藤直樹 at 2017年05月02日 11:43
ルイヴィトンならではの創造性が生かされた普遍的なデザインを実現したバッグは、防水性が良く、傷が目立ちにくい素材を使っているなど、機能の面でも十分過ぎるほどです。
ルイヴィトンモノグラム・アンプラントコピー
Posted by 山口寧 at 2017年05月03日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449454698

この記事へのトラックバック