【親不知の抜歯体験】~その後A~

親不知を抜歯してから1週間が経過。(下の記事参照⬇︎)

~【親不知の抜歯 体験】 意外と楽?~

さてと、あれから1週間が経過したわけですが、僕は注意点をいくつか載せておきたい。
僕と同じような過ちを犯す人が現れないように(笑)


まず、抜歯直後から抗生剤を処方されるわけだが、これは必ず飲みきらなければならない。
1日3回服用であれば、そこもきっちりと守って服用したほうが自身のために良い。
また、耐性菌を抑える意味でもいい。

まぁ、ここら辺の話はどうでもいいとして、、、、

初日はなんともなかったのだ。

僕は表面麻酔はなく、注射で麻酔だったので恐らく注射のみか注射と表面の両者が可能な持続時間も短いエステル型の麻酔薬が投与されたのではないと予想するが、夜までは唇が閉じられなかった。

僕は、右側に注射をされたわけだが(4〜5箇所)、口を閉じると右側が閉まらないのだ(笑)
口お半分が下に垂れ下がっている。

そのためか、抜歯をして引っこ抜いただけの親知らず抜歯跡も痛みは感じない。
(※口の中には、黒い血餅があるはずだ。)

あとは、痛み止めを痛くなった時に、服用しながら数日過ごす。

すると、誰もが遭遇するであろうことが生じる。
穴に米粒が入る確率が凄い(笑)

(※流石に手術当日に固形物は厳しい。2日後ぐらいからは全然、揚げ物でも僕は食べていた。(反対の歯で))
(※ウイダーインゼリーよりも僕は蒟蒻ゼリーをコップに出して飲んで食事していた1〜2日目までは。ウイダーインゼリーはそこまで美味しくない・・・・・グレープはめちゃくちゃ美味しいが。)

ウイダーinゼリー マルチミネラル 180g×6個





[トクホ]マンナンライフ クラッシュタイプの蒟蒻畑 ライト ぶどう味 150g×6個




そうそう。穴に入る米粒が凄いのだ。

回避不可なのかと思ってしまうほど(笑)
正直、下側からどんどん盛り上がってくるので、そのまま抜歯後の穴に詰まっていても困ることはない。

血餅が取れると、後々に悲惨なことが待っているので、強すぎない程度でブクブクしたり、嗽をして吐き出す。
それで取れたら上出来。

そして、1週間もすると、かなり塞がってくる。
(※相変わらず、米粒は入るが(笑))

驚いたのが、下から盛り上がってくるだけでなく、上の歯茎の部分も閉まっていってるのだ(笑)
(蓋をするように。)

しかし、僕は昨日にやらかした。

夜、食後から尋常じゃなく違和感を感じながら痛みを伴う。

『まーた米粒入ったよ・・・また嗽で吐き出すか・・・』

っと思うわけだが、どれだけブクブクしても、シャワーを口にやっても取れないのだ。

しかし、鏡とスマホのライトで口の奥を見ると、白色の物体が中にあるのがわかる。

僕は、爪楊枝でこの白い米粒のようなものを突き刺し、取り出そうと考える。
(※食後から痛みが現れたので、米粒とこの時は確信している。白色だし(笑))

そして、突き刺してみる。

すると、出血し始めた。

!!!!!!これはヤラかした。食べ物じゃないぞコレ。

よくよく判ったのだが、手術後に圧迫止血で血餅ができるわけだ。
血の塊がね。

これには、赤血球という血液の成分も含まれているようで、こいつが赤色な訳だが、止血には血小板が関与する。

想像してみて欲しい。

血の塊。(赤色)

これが時間の経過とともに、赤血球(赤色の元)が抜けていき、白になっていく。
すると、残された塊も白くなるよね?という話。

そもそも、人の体にできる血栓には、【赤い血栓】と【白い血栓】の2つがあるようだ。
気になる方は調べてみては。

つまり、僕は、赤血球が抜けて【赤色 → 白色】になったものを、食べかすと勘違いして、爪楊枝で突き刺したのだ。
クレイジーな行動に出すぎた。

普通の人は、数日後に白い塊が中にあってもとってはダメだよ。
【ドライソケット】になって、激痛を伴う治癒不全になる恐れがある。

まぁ、出血して菌が血中に入ると、DICとかも絶対ないとは言い切れないから怖いし・・・・
つまり、出血するのを避けるに越したことはないということです。

くれぐれも、爪楊枝で刺さないように(笑)
posted by A M I at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親不知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
A M I Blog >  親不知 > このページ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック