A M I Blog > 映画 movie

【ミュージアム・カエル男 (感想)】観てきました。 『小栗旬・妻夫木聡』




昨日、小栗旬さんと妻夫木さんが出ている【ミュージアム】を観てきたんですが、なかなか面白かった。

【SAW】が好きな人からすると、とても面白いんじゃないかな?





後は、小栗さんの演技がいいね。

あの身長で、あの顔の小ささ。




感情の動きの表現とか。

また、妻夫木さんの演技も面白い。
面影ないんですが(笑)




デスノートは観ようと思ったんだけど、演技微妙な方がいるとTwitterなどで言われており、見送りました。

僕は、GACKTさんが【SAW】大好きって言ってた時に、全て見たのと、スプラッターが好きなので全然怖くなかったですね。

観る人は、WOWOWでエピソード0的なものをやっているので、それを見てから観に行くのもいいかもしれない。

僕は、WOWOWで全てみました。




ネタバレするといけないので、あまり書きませんが、本当にSAWに近い感じ。
(※最後に刑の名前ぐらいなら描いててもいいかな?)

「○○の刑」とかね・・・・・

後は、カエルの理由も後々分かってくるので、お楽しみに。

さて、さて、雨の時だけ現れるというこの映画なんですが、雨の撮影って凄い大変らしいです。

人間の目では見えても、映像にすると全く見えないということが多いらしく、あえて雨粒の大きさを大きくして降らせたりとか色々と工夫されている。

昔は、TVの関係で雨に墨を混ぜて降らせていたそう。

小栗旬さんは、雨粒が大きいため、仰向けに雨中で倒れている撮影で溺れそうになったとラジオで語っていた。

内容は、次、次を予測・考えながら観ていると大体、僕は予想できてしまってたんだけど、途中?終盤?の展開は1つ予想外でした(笑)

「まじか」という感じ、そうきたかと。

そこは俺ならこうしてたけどなぁ〜っと思ったり、、、、、、


まぁ、僕の友達なども【ミュージアム】が気になると言っていたので、意外と気になっている人は多いのかな?

ということで、気になる人は、観に行ってみては?

漫画もあります⬇︎

ミュージアム コミック 1-3巻セット (ヤングマガジンKC)




個人的には、映画を見終えて、ぶらついているとEXILEのメンバーの方に出会ったことが驚いたけど。

まぁ、僕は芸能人に興味がないので一緒にいた人に教えてもらって気づいたんだけど(笑)
なんかキャーキャー言ってたのはそれなのねと。


刑ですが、、、、、

@【母の痛みを知る刑】だったかな?
A【ずっと美しくの刑】
B【針千本飲ますの刑】

などなど・・・・

他にも出てくるんですが、いかんせん、僕は眼鏡を忘れてしまい執行の紙の文字が見にくくて、横の人に教えてもらってました(笑)

あと、映画2000円弱するって高いですわ。。。。
いつもレイトショーで観てたから驚いた。
posted by A M I at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【君の名は】が興行収入100億円突破。流行っている理由は?

【君の名は】が宮崎駿さん以来の興行収入100億円突破したそうで。

第2の宮崎駿監督とか言われてるけど、抜かしちゃうかもしれないよね。
新海誠さんとして。

まぁ、100億よりも上がまだまだジブリ映画にあるようなのでどうなるか・・・・・

宮崎駿監督作品集 [Blu-ray]




ハウルの動く城 [DVD]




で、この映画が流行っている理由なんですが、、、

この間、書いた記事。→【君の名は。】観てきました。 & RADWIMPS 人気になりそうだ。


男の子があんまり行ってる印象は受けないんだが、大人も結構来ていて、その理由が聞いてみると。
(※ちょっとだけネタバレになるのかな?)

田舎に住む女の子が、大都会で生活を送る男の子の所へ行ったり、その逆で男の子が田舎に行ったりとするんだけれども、こういうところが良いらしい。
(恐らく、まだ若い人は思わないのかもしれないが。)

どう良いのかというと、田舎から都会に出てきた人たちからするとこの映画は非常に面白くて、昔を懐かしんで思い出せる映画なんだそう。

『自分が初めて東京へ来た時はこんな感じだったなあ。懐かしいなぁ。』

みたいな。若かりし田舎から出てきたばかりの頃を思い出せるのが良いのだとか。

若い子の感想は、『兎に角、予想の上を更に超えてきて良かった。』とか『RADWIMPSが楽曲やってるから』とかもあるんだけど、まぁ、非現実的ではあるけれどもストーリーも面白く、恋愛もあるので、女の子はそういう所に惹かれるよね。


君の名は。(通常盤)




女の子が見に行けば、彼氏も見に行くし、みんなが見に行けば一人でも見に行く人も出てくるし、まるでポケモンGOのような全体の流れになっていく感じ。

初のVR映画とか出れば、最高益とか更新しそうだけどなぁ。
どのみち、ARとかを取り入れていこうという動きもあるわけだし。。。。

ということで、そんな感想を聞いたので記事にしました。
タグ:君の名は
posted by A M I at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【君の名は。】観てきました。 & RADWIMPS 人気になりそうだ。

8月に公開された【君の名は。】を観てきました。


君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)




あまり僕は映画を観に行かない人間なんですが、、、、、先週に周りの人が1日に別時間で5人も観にいっていたり、2,3回目を観に行くという人もいたり、5回見ている人もいると言われたり、、、、、

良過ぎて、小説まで買ってしまったとか・・・・・

まぁ、なんかめちゃくちゃ推されたので、観に行ってきました(笑)


なんか、5年ぶりに見た映画が【君の名は。】だったという女の子もいたな。


その時に出た言葉はこれだけ。

「なぜ、5年行ってなくて面白いかどうかも分からないアニメ映画に行こうと思うの?」

どうやら、周りが「面白い面白い」言っていたかららしい。


で、映画の感想を書くと、、、、(*ネタバレはないです。)


映像美が凄い。
紅葉のところとか、街の風景とか。

あと、みんながイイという理由って劇中に流れる【RADWIMPS】が寄与してるんじゃないのかな。

始めにオープニングがあったり、劇中の合間に流れたり、たしか4、5種類の曲が流れるんだったかな?


劇中に流れる【RADWIMPS】の曲の歌詞と映画の内容がよくリンクしていて、そこがとても良かった。

(やっと目を覚ましたか〜い)の所らへんとか
(*前前前世:RADWIMPS)

君の名は。(通常盤)




ただ単に、曲なしでこの映画一本流れてたら、そこまでイイとは感じなかったかもしれない。
(*内容も面白いんだけどね。)

【RADWIMPS】の曲に合わせて映画の内容を弄ったりとか、映画の内容に合わせて歌詞を弄ったりとか、そういう互いに合わせて行ったのがこういう結果になったのだろうか。

結構、『監督と喧嘩した。』というようなこともTVで話されていたようですし。

アニメの映画を観たのは本当にいつ振りか思い出せないぐらいだなぁ。

あとは、【RADWIMPS】のファンで観に行っている人は絶対いるでしょ(笑)

で、【RADWIPNS】を全然知らなかった人達は、最近のTVで知ったりとか、この映画で知ったという人が多かった印象。

ということで、5回観に行ったりすることは流石に僕には理解できないけども、面白かったです。
(*何より、普段ならレイトショーで観ると貸切りレベルなのに、この映画は両サイドの列が埋まってたことが一番、これまでの僕のレイトショー人生で驚かされました。)


【RADWIPNS】のオススメ曲なら何があるんだろうな〜〜。

僕の好きなのは、、、、

【いいんですか】
【One Man Live】
【叫べ】
【君と羊と青】
【ます】
【セツナレンサ】
【謎謎】
【ふたりごと】
【有心論】
【トレロモ】
【最大公約数】
【オーダーメイド】

とかかなぁ。

まぁ、この映画で【RADWIMPS】が気になった方は手当たり次第に聴いたらいいと思います。


あ、あと、【君の名は。】が好きな人は【Orange】とかもいいんじゃないかな?

orange コミック 全5巻完結セット (月刊アクション)



orange-オレンジ- DVD豪華版


posted by A M I at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/3日公開の GACKTさん出演の映画 『悪夢ちゃん The 夢ovie』を観てきました~~

久しぶりの更新です。


いつ振りだろうか・・・・


まぁ、いいか。とりあえず、5/3にGACKTさん出演の『悪夢ちゃん The 夢ovie』を観てきました~~~~。





まぁ、内容は小学生向けということもあり、まじめに映画を観たい人にはお勧めしないかもしれない。


映画が本当に好きで見ている人たちには、批判されたりしていたから(笑)


でも、僕は面白かったと思うけどなぁ~~~。





身体がかなり疲れ切っていて、、、しかもレイトショーの最後の時間。


『これ、全て起きて見れるか??』っと心の中で思いながら、、、、、


劇場へ足を運ぶ。


そして、始まってみると・・・・・まぁ、眠くならずに見終える事ができました。


『白雪姫殺人事件』の時は途中で寝そうになった(笑)


で、戻すと、あの小学生の女の子。


『悪夢ちゃん』が初恋をするんだけど・・・・その初恋の相手が今回のキーとなる方です。


ネタバレはしたくないから、内容についてはほとんど触れたくない。


だから、あまり書きません(笑)


GACKTさんが夢の中で切られるんだけど、、、、





そういうところもなかなか楽しめたり、、、、なかなか良かった思う。


ただ、演技については、登場する人物が1クラス分の小学生全員であったり、『豪華俳優陣を固めてつくりました!!!!!!』っという感じではないのでそこは目を瞑って挙げて下さい(笑)


両親もその日の昼間に観に行ってたみたいなんだけど、、、小学生だらけだったそうです(笑)


この『悪夢ちゃん』の俳優、女優の仲が非常に良いらしく、楽しそうに撮影できたそうです。


GACKTさんのセリフを間違えた時のシーンも面白いです(笑)










『あ〜〜〜〜ゴメ~ン!!!!!』って謝るそうです。



そして、この映画の一番の一押しは恐らくCGなんだろうね。


兎に角、たくさん、出てきます。


でも、それだけでは無いんです・・・・


水に襲われるCGのシーンがあるんだけど、、、、一部は、セットで部屋を作ってから、本当に水を流し込んだりもしています。





観ていて、率直に感じたのは、あくまでも大人へ向けて作られた物ではないということ、どちらかというと子供達が見ていて楽しめるように会話や、内容を考えて作られたように思う。


まぁ、世の中には色々な作品が存在するわけで、僕はこの作品はこういう形でも良かったのでは無いのかなっと思います。





まぁ、これを観た小学生に、『自分の人生を変える事が出来るのは自分自身であるということ。』、『人の為といいながら自分から他人の人生を変えようとするのは善でもなく唯のエゴである。』という事や、友達のありがたさ、親のありがたさなど、、、他にも伝えたい内容が色々あるんだろうけど、そういう映画のメッセージなどが伝わってくれたらなぁ~~っと。思いま~す。


意外と、あるからねぇ~~。


今日のドラマでもあったけど、お母さんに『死んじゃえ!』って言ったら、その夜に死んでしまったとか・・・


現実でも、『今日、死んでも俺は後悔しない!』ってスピーチした後の帰りに本当に交通事故で亡くなったりとか、、、、、あるもんだから、そういうことはあまり口にしない方がいいそうです(笑)


僕が、どこかで知った話は、『ヒト』っていうのは、自分が生きている上で必ず、どこかで自分を変えるCHANCEに出会っているということ。


そのキッカケを上手く気づけた人は、人生を変える事ができ、気づけなかった人はそのまま次のCHANCEまでズルズルと進むっという話。


気づけるかどうかっていうのは、、、、、視野を広く持てばいいのか???


一生気づけなかったらどうなるんだろう~~っということを考えています(笑)





まぁ、とりあえず、『ももくろ』『GACKT』『北川景子』『マリウス』が好きな人は見に行くでしょう(笑)


映画の内容については、観てから考えて欲しい(笑)


動画も色々あるみたいなんで、。





posted by A M I at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 movie パッセンジャーズ Passengers

はい。久しぶりの更新です。


実は、ヨーグルトを大量に一気食いをしてみたところ。お腹を乳酸菌に破壊され、挙句の果てには喉痛・頭痛・右目が腫れるという最悪のここ1、2年間で一番の体調不良になってしまった・。。。。


『ヨーグルトでここまで体を壊すものなのか!?』と思わせられるほど。


で、今回。紹介する映画は『Passengers』(パッセンジャーズ。)




あらすじでは、


飛行機事故で生き残った5人の乗客たちの心の傷を癒そうと、事故の真相を追及しているセラピストの女性の物語。その女性が女優の『アン・ハサウェイ』です。


しかし、事故への真実に近づくための手がかりが(どんな手がかりかは言えないけど。)亡くなっていきます。そして、真相を追えば追うほどに深いところへと引き込まれていく話です。


手がかりが消えるのは誰かの罠なのか?それとも・・・・


という具合です。


この映画を観た感想は、中盤が少し『いらないかな?』っと思わせられる部分がある。しかし、最後で衝撃を感じる。そんな映画。


最後の『まさか!!』というところがかなり驚かされる。最後のアレはなかなか良かったかな。


だから、この映画を観る人は登場人物たちの会話をただ聴くだけではなくて、聞いて頭の中で考えていくと最後で繋がる映画です。


それに最後に、事故の回想があるんだけどそこで涙腺がやや危なくなる人もいると思うので注意。(笑)





まぁ、面白い映画だと思う。興味のある人は観てみては?


アン・ハサウェイの主人公の映画はなかなか外れがないかな。。。。。。


パッセンジャーズ 特別版 [DVD]





パッセンジャーズ [Blu-ray]

新品価格
¥1,487から
(2013/3/23 20:32時点)


posted by A M I at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする