A M I Blog > マンガ

裏サンデー テラモリ(テーラー森) 

今日は、少女漫画?(なのかな?)という漫画で面白い漫画があったので紹介。



最近、『面白い漫画ないかな?』ととあるアプリを開くと、デカデカと表示されていた【テラモリ】を読んでみることに。


作者は、【ikoさん】という方。これはWeb漫画か?

しかし、どうやら結構、人気なよう。
コメント数も物凄い。

あらすじを軽く書くと。

【登場人物】
@主人公   = 高宮 陽
A副店長   = 平尾 宗隆
B店長    = 徳益 寛治郎
Cアルバイト = 柳川 慎太郎
Dスタッフ  = 春日原 花
E契約社員  = 朝倉 戒道
などなど

バイト未経験の女子大生がスーツ屋で働くという、お仕事コメディーな漫画です。

おたくな女の子が主人公。
(※てか、少女漫画⁇を読んだの生まれて初めてかも・・・・)

で、その周辺にスーツ屋の男の人が幾人か。

(※左から、副店長・他店の助っ人・店長)

ただの恋愛少女漫画なら、僕は全く読んでいなかったんだろうけど、この漫画。
話の合間合間にスーツの身だしなみや、雑学、知識が織り込まれているので、読んでいて勉強になるんですよね。
(※例えば、靴の種類や名前とか、ネクタイの巻き方の種類、スーツの着方、就活にふさわしいスーツなどなど)


(※マフラーの巻き方の種類だったり)


(※これはカシミアの説明だったり)


(※鶏ガラの話だったり・・・・)

就活に使える靴の模様とか、作りとかも説明されてたりします。



たまにギャグ要素もあったり・・・・
(※たまにってレベルじゃないか)

僕が記事にしたこっちの記事と内容が一緒で、この作者さんももしや、某チェーンスーツ店だったのかな?と
就職活動でのネクタイの【結び方】・【色】・【柄】について@
(※作者さんが、実際にそういう類のところで働いてたようで。)



こういう知識になる類の漫画は好きなので、読んでて面白かった。(※もやしもんとか・・・)
サクサク読めました。

男性で、スーツに関する知識を漫画で知りたい方は読んでみるのもいいかも。
男女関係なく読める漫画って感じ。そこまで恋愛の話は出てこないし。

本屋には、まだあまり無いそうなので、本屋を回って探すのが面倒な人は、Webアプリをダウンロードして1日8話ずつ読むか、ネットで買うのが良いと思います。

テラモリ 1 (裏少年サンデーコミックス)


posted by A M I at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【オメガ(Ω)トライブ】 & 【オメガ(Ω)トライブ キングダム】

今日も、面白いと個人的に思った漫画を一つ。




【オメガ(Ω)トライブ】と【オメガ(Ω)トライブ キングダム】のAつです。





あらすじを簡単に書くと。

通称:ハルという少年が父親に、海外の土地で保険をかけて殺されかけます。

崖に落ちてしまうんですが、そこで死の淵にいる時に、ある奴が見えてしまいます。
(※霊的な感じ 笑)

しかし、そいつは人類における新しい種を生み出すウイルスだったんです。
そのウイルスの形が【Ω】だったのだ。

この人類の中でも、新しい世代となることができるのは、人一倍の飛び抜けた絶望を経験しなければならない。
この人生における最高の絶望を若い時から死ぬまでの生涯で出くわすと、選択が迫られます。

つまり、この漫画で言えることは、【希少種】というのは、大半がそうであることに対して、少数だから【希少種】である。

しかし、細菌の世界を見てもわかるように、薬剤耐性菌などは、周囲の大半が薬により死んでいく中で少数の、それに対抗する世代が出てきて、生き残り繁殖していきます。
(※この生き残り(希少種)が、つまり新しい世代が生き残るための礎となる。)

だから、【希少種】は淘汰されがちだが、実際には保険の上でも必要な存在で、どんな組織にも一定数は必要であるということを表す良い例だと思う。
そんなことを表してくれているのが、この漫画です。

【オメガ(Ω)トライブ】と【オメガ(Ω)トライブ キングダム】です。

面白そうでしょ?

しかし、この新人類として生きる希少種。
実は、世界に6種類存在していて、その種族間での生き残りをかけた6人の戦いなども繰り広げられるわけです。

僕的には、いじめられっ子だった主人公のハルが、顔つきが変わってきて、どんどん態度も大きく、カリスマ性を持っていく過程が好きかな。

ということで、気になる方は、読んでみることをお勧めします。

本当、面白いから(笑)
まぁ、昔の人は読んだことあるでしょうけど。




posted by A M I at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、面白いと思うマンガ【太郎】

最近、面白いと思っているマンガを一つ。



【太郎】という銀行マンかつ、ボクサー少年の物語り。



銀行マンには副業は許されないため、プロボクサーであることを隠しながらも、日々の慣れない業務をこなし、業務時間外には、ジムに通いトレーニングをする。
そして、疲れ果て、翌日の仕事に向かう。

この、仕事とプライベートを大きな目標を持ち、日々全力で生きているところが僕は非常に面白かった。
(※『充実してるなぁ〜』と・・・)

自分のやりたいことを成し遂げるために、全力で取り組む姿勢に。


仕事の合間にトレーニングしてたり。



まぁ、ネタバレはしたくないので細かいことは書かないけれど、職場の太郎(主人公)が好きな女性も、太郎に好意を抱き、目標に向けて努力を惜しまない姿に感化されていく。

ただ、僕が読んでいくうちに残念だったのは、、、、、途中から『オイオイオイ・・・・』となってくる辺りがあるからだ。

まず、19、20歳の太郎がトレーナーから釘を刺されていた、ボクサーにとってタブーとされる女性との S◯X を経験し、猿のようになってしまうのは仕方ない。
(※これは逆に人間的で非常に良いとは思う。)

ただ、森崎さんという女性のハッキリしなささが残念だった。

もう好きでしかないのに、全然自覚しない(笑)

後半に近づくにつれて、2人っきりでいるにも関わらず、敢えて嫌味っぽいことを言ってぶち壊したり・・・(笑)

前半は非常に面白く読めてくるんだけれども、後半にいくにつれて森崎さんのキャラが僕は嫌になってきていた。
(※優柔不断というかなんというか、、、、)

まぁ、何よりももっと嫌らしい男もでてくるんだが、、、、(最後の方では、見た目も様変わりしている例の人)

しかし、銀行マンの業務の内容などや第1抵当や第2抵当などの用語も出てくるため、知識にもなるかもしれない。

兎に角、【銀行マン】・【ボクサー】・【恋愛】・【ライバル】などネタは豊富なので面白いです(笑)

まぁ、よくある自分の目標に向かってひたすら努力しているキャラが凄いモテて、他人の事ばかりに目をやり、少しでも足を引っ張ろうとするキャラがモテなかったり・・・・・
(※この漫画の面白いのは、ネチネチ嫌がらせをしていた人も太郎を見て、自分を変えるんだよね。)

GACKTさんも【何かを目指している人が好きなんだ。流されて生きてる人には興味がない。儚い人生、短い人生、だったら熱く行こうよ。】と言っていたような・・・・・



個人的には、描きにくい部分の表現力なども含めて、僕はこの漫画の描写は好きでした。

気になる人は読んでみては?

posted by A M I at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする