A M I Blog > 個人的思想

巷で話題の【医療費を食う薬剤師の不労所得】という記事について・・・・本当にそうか?

Twitterでふと流れてきた・・・・

【医療費を食う薬剤師の不労所得】という記事。

医療費を食う薬剤師の不労所得

薬剤師の不労所得論に殺到した抗議に反論


どうやら一つの大きな話題になっているようで。

僕も一通り、記事に目を通してみたが、もう出だしが既に個人の気持ちが入っていたりで、あまり宜しくない文という印象。

『強い不満・疑問を抱くようになりましたと・・・・』

まずタイトルを一目見た時に、僕は炎上を目的としたPV稼ぎなのか?とも考えてしまった。

働いているのに、【不労所得】というまるで『お前は仕事をしていない。』という風な全く言葉の意味が繋がらない批判をされれば、どんな職業についている人も怒りの声を上げることは間違いないだろう。


この記事を書いている方に言いたいことは、一定の職業をくくりにして批判する時には自信がまず勉強して相手側に対する最低限の知識をつけてBaseをあげることをもう少し努力したほうがいいのでは?
(※あと、憶測じゃなくて根拠のある事を主張して欲しいかな。)

偏差値が20以上離れると会話が成り立ちにくくなるというのを昔見た事あるが、知識のBaseが異なっていれば、まともなキャッチボールを言葉で行うのは難しいだろう。

まず、医療従事者(看護師、医師、薬剤師の学生時代)の勉強量は物凄いよ。
睡眠時間5時間で勉強していたりもするし。

医師国家資格の勉強に至っては、1年間で11サイクルも恐ろしい量の本を繰り返し、それを頭に叩き込んで試験を受ける。
(※薬剤師、看護師も同様に凄まじい勉強をするわけだが。)

人の代謝酵素の一部であるCYP3A4によって代謝される薬剤だけでも人間には全てを暗記することは不可能とされる薬が大量に該当しているわけだが、おまけにこの酵素は3A4だけではなくいくつもの分子種が存在する。
(※挙句に、人種によっても発現に差がある)

それらの組み合わせによって、薬の飲みあわせ次第では重大なことに繋がったり、患者の死に繋がることも。
(※例えば、テオフィリン)

薬だって、癌細胞に届きやすくするために敢えて分子量を大きくする工夫が成されたりもしている。
(※簡単にいうと、正常細胞の血管は連続内皮という敷き詰められた隙間の小さい構造をしているわけだが、癌細胞周辺の血管はこの隙間がより大きく開いている。ということは、小さい薬は両方の隙間を通ってしまう。しかし、正常な血管の隙間を通れないような大きさにすれば、癌細胞側だけの血管内皮を通過するようにできる。)

それに一般人からすれば、薬と病気の勉強しかしていないと思われがちだが、水道水やプールの水質の勉強だけじゃなく、大気汚染物質、オゾン層、統計学、発がん性物質、食品添加物、基礎代謝、毒キノコの種類、毒素や症状、魚などの動植物による毒・症状(例えば、ドライアイスセンセーション)など幅広い勉強をしているわけだ。

おまけに医学部私立の場合だと、6年間で3000万近くと、とんでもない額になり、薬剤師も6年生のために1000万を越える。

『それでお前達はお金を貰い過ぎだ。』という意見を何も知らない側の人が意見する。
そもそも考えて見て欲しいわけだが、この勉強量をこなすためには1000万以上の高い学費だけではなく、6年間の教科書代や生活費などを含め大きな初期投資をしているわけだ。

『それを後に他所よりも高い給料で回収しても別にいいのでは?』という考えには至らないのだろうか?
奨学金を借りていて、働きながら勉強したりしている子もいる。
おまけに大学在学時には、勉強に励む子もいるが家庭の事情や精神的なもので留年してしまい、高い学費を払った途中でいなくなってしまう子もいる。
そんなこんなで入学時の人数も卒業時には半分になったりもするわけだ。

僕は努力がそれなりに報われる世の中であるべきと思うのだが。

一般職で、『正社員の給料が低い‼️』という意見をネットで見たりするが、そんな声を国に挙げるなら『派遣業界に声は向かないのか』と思ったりもする。

誰でもできる仕事なら、派遣会社を通じて学生に安いお金で働かせた方がいいよね?

そこから人を安く、より安く働かせるという流れが出てきたと思わないのか。

僕の友人の両親が派遣会社をしているが、設立費用もそこまで高くなく、登録してきた人を現場に送り、その間のお金を受け取るためメチャクチャ儲かると言っていた。

自身に製造業や医療系のノウハウがなくとも人をあっちからこっちにと動かして儲かる仕組みは上手く出来ているなと思ったが、それが実際に世の中にとって正しいのか?とも思う。
それが上述した事に繋がるわけだが。。。。

だから、今回の記事の著者のように『薬の名前さえ読めれば、資格なんてなくとも誰でもできる簡単極まりない仕事』と言いながら表面的にしか見えないものを批判するのではなく、その背景を多角的に一度考えてみるようにしたらいいのではないかな?
(※例えば、『政治家がTVで寝ているところばかり見る‼️あいつらは仕事をしていない‼️』とすぐ結びつけて批判するのではなく・・・・・・)

自分自身が今まで薬局や病院に行っていて、副作用被害にあっていないのは知識がある方達が見えない裏側で相互作用などが起きないようにしているからだよ。

ニューキノロン系と一般人にも馴染み深い鎮痛薬(NSAIDs)を併用すると、【癲癇】のリスクがあったりとか。

薬であっても使い方に注意点が色々あったりする。

ローディングドーズが必要な薬剤、急速静注してRNAに働きかける薬剤、同じ薬でもゆっくりと投与する事でRNAではなく、DNAへ働きかける薬剤、副作用が出ないように60分以上かけて投与する薬剤、手術何日前に投与中止の薬剤など、細かい点も沢山あるわけだ。

どんな業界であれ、ミスが起きれば袋だたきにあうにも関わらず、『ミスが起こらないようにしていれば、楽をしている。』と言われるのであれば誰しもが生き辛いだろう。
(※著者の方がどんな人に当たってしまったのかが不明なため全面批判するつもりはないですが)

努力はウ○コと一緒で、他人に見せびらかすものではないし、裏で淡々と進めていくもの。

学生でも『あいつはあんなに遊んでるのに、、、、、どうしてあんなに成績はいいんだ‼︎』ととやかく言われる人がメリハリをしっかりとつけて影で集中して勉強して結果を出していたりするのと同じ。

他人は簡単に『あいつは普通の人とは違うから。』と言ったりもするが、、、、

大変な勉強を超えて、それを職にしている人へ簡単に【不労所得】と言い捨てるのは、あまりに失礼なのでは?

僕から言わせてもらうと、【こういうコメントが有りました!!】とか個人的な感想をただ羅列してるだけの記事こそが1番の不労所得としか思えないのだが。
(※別に無いところで誰も困らないわけで。)

後、文章中の【薬剤師連盟が医師会を凌ぐ政治力を持っている結果です。】という内容があるが、その前述も明らかに著者の調べた事象を並べただけで憶測でしかなく、根拠が薄いうえに『なるほど!』と結びつきもしない。

実際、薬剤師の議員は数名しかいないわけだが?

反対に、現在の日本医師会会長は現総理大臣の安倍さん(安倍晋三)の身内なのだが?
(※ツラツラと店舗数を調べて記事を書く前に家系図でも調べてみたのか?)

まぁ、僕は安倍さんは日本の日経平均株価をここまで押し上げてくれたり、就職バブルを起こしたりと安倍さんで良かったと思っている側の人間なのでコッチを批判しろというわけではないが。

著者の最後の『せっかく難しい薬学部を卒業したのですから、もっと健康管理に役立つ働き方を考えるべきです。』
という意見には同意するし、よく理解してくれいるのだなとは感じますが、如何せんタイトルがよくなかった印象を受ける。

あのタイトルは、ほとんどの人が見ても炎上すると感じるに違いない。

医療従事者で看護師、医師は医療行為(点滴や予防接種とか)が許されているのに、薬剤師に許されていない事に関しては僕も少し疑問を持っている。
(※薬剤師が医療行為を行うことができれば、薬局が診療所のようになってしまうからなのかもしれないが。)

この人の記事をきっかけに薬剤師のあり方をもう少し前向きに考える方向に世論が進んでくれればいいと思うね。

あ、他の記事で『こんなコメントがあります。「薬学部を6年制にしたのは、看護学部を4年制にした頃だった。薬剤師の報酬は医師以下でも看護師以上というポジションを死守するのが薬剤師連盟の考え方だった。厚労族の橋本政権も動いた。』というのを見たが、、、、、、

こんなよく分からん他人の憶測コメントを記事にするのはどうなのか?
(本当に自分で調べる能力のない方が、そういう風に鵜呑みにしてしまうのだが・・・)

6年制を作った本人に聞いたのか?背景は調べたのか?

薬学部が6年制になった理由は、現場において医師との『医師は6年制なのに4年制の薬剤師が意見をしてくるな。』というやりとりの末、先進国の中でも特に遅れている薬剤師教育を進めるためというのが背景だぞ。

余程、薬剤師は何もしていないという印象を一般人に植え付けたいのか、こんなネガティブキャンペーンのような記事を連続して書いているようだが、東日本大震災の時には、東北地方でないところから院内製剤などを薬剤師が徹夜で作って支援したりもしていたわけだが・・・・・

そうすることで、被災地の方の放射線による被曝が可能な限り抑えられていたというのに、、、、、

まぁ、この人の『バイアスで胃潰瘍になった上に薬剤師から説明を聞いたことがなかった。』という事に対して憤りを感じているのは僕も仕方ないとも思うが、【木を見て森を見ず】ではなく、もっと広く見て頂けないものですかね。。。。

たまたま、この方に当たった人が年寄りの薬剤師なのか若い薬剤師なのか分からないけども、優秀な人も医師にも、看護師にも、薬剤師にも沢山いますよ。
(それと同じように怠惰な人もいるのかもしれませんが・・・そこは個人の意識の違いでしょうかね)
posted by A M I at 04:05 | Comment(2) | 個人的思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【人は心を許せる友人を求めている】ものである。

やることあるのに、夜中に更新するとは、、、
ささっと書いて、終わらせよう(笑)

昨日、高校時代の友人たちと出会った。

数年前は、クラスの半分以上を集めて、夏やら年末などに集まって、近況報告的な感じで盛り上がったものだった。



人は、同じ環境下ではなくなると連絡も段々と薄れて行くものである。
そのため、昔は仲が良くても実際に、違う場所に移動していったりすると会わなくなるものなのだ。

これも、僕の4年以上前の記事を掘り起こすと出てくるだろうが、1人の人間が友達との関係を保ち続けるのに精一杯努力し、保てる人数は150人程が限度だとされている。

しかし、現実的に考えると、忙しさなどで旧友たちと頻繁に連絡を取ることも難しくなってくる。
だから、Face Bookなどが人気化したのかもしれない。

さて、今回の記事を書こうと思った経緯だけども、、、、、、

まぁ、久しぶりに別々の旧友にあったわけです。
数日間。

それは、高校時代の友人で男1と女2の4人組で遊ぶことが多い面子なわけだ。

しかし、人というものはどこでいきなり仲良くなるか分からないものである。
学生時代には、殆ど関わりのなかったメンツと、気づけば年1回集まったりや旅行に行くほどの仲になるのだ。



そして昨日、話題になったのが。

昔の他の友人たちから、『どうして、あの4人はあんなに仲良いの?学生時代は仲良くなかったでしょ?』

この言葉を誰しもが、誰かから聞かれていたのだ。

そして、何軒かはしごして、他の子が夜に合流してきたのだが、、、、、その時。


 
合流組  『卒業してから気づくけど、仲良い友達、いないわ・・・・・』

女の子  『そんなことないよ。みんな、本当に仲良いと言える人は4、5人ぐらいだよ。』

合流組  『そうなの?仲良い友達、欲しい・・・』

やはり、社会人になって働き出し始めると、愚痴の1つや2つ言いたくなる不満も出てくるものなのだろう。

そんな時に、『心を許して会話ができる友達が欲しくなるんだろうなぁ。』っと思いながら話を聞いていた。

僕は、【ロボット】と呼ばれるぐらいの感情的にならない人間だからか愚痴りたいとはあまり思わない。

やらかして、泣きそうになっている女の子に『なんで落ち込んでるの?落ち込んでも仕方なくない?』と声をかけ、『人って寝て起きたら大抵は忘れる生き物で、やらかしたことに泣くよりも、それを解決することに行動しようぜ。』と追撃した。

すると、他の子に『この人怖い。ロボットや(笑)』と呼ばれたのだ。笑
その時に、『普通の人は、そんな風にできないの!(笑)悲しいもんは悲しいの!(笑)』と言われた。

『そうなのか』と・・・・理解。

僕はあまり人と揉めることがない。
僕は、自分に対して上から目線で積極的に攻撃してくる人間以外に敵意を持たないからだ。

だから、敵意がない人が何をしてようと何も感じない。

しかし、人っていうのは、何かしら遠慮を抱えて行動してしまうものである。
この日集まった友達も、『唐揚げにレモンかけてもいい?』や『卵、お箸で潰してもいい?』などを聞いてくるわけだ。

僕は、食べ物でも嫌いなものが無いので、料理関係でも気にしない。
(※よく食べ物の好き嫌いと人の好き嫌いは相関すると聞くが。)

なので、『別に細かいこととか気にしないし、好きなようにやってくれていいよ(笑)めちゃくちゃしてよ。』と答える。

すると、『じゃあ、めちゃくちゃにw』と笑いも軽く生まれるし、段々と久しぶりに会う遠慮も和んでくる。

他にも、酔いすぎてカラオケボックスでゲロをブチまけた女の子がいた。
男ならよくあることだが、その時は女の子だったため、本人は、本当に申し訳なさそうにしていた。

全米ベストセラーの臭いスプレー リキュッドアス BARFume Puke Spray 日本正規品 Made in USA ゲロスプレー いたずらグッズ




しかし、友達が店員を呼んできて、ゲロを処理するわけだ。
しかも、その処理器具が、吹き掛けると一瞬で固まるという不思議な粉で、それに対して驚き、みんなで爆笑していた(笑)

⬇︎(コレコレ。笑 本当に便利。)

高性能嘔吐物凝固剤 オウトロック 700g 2本セット




相手が恥ずかしいと思うようなことが起きても、温かく笑いに変えてあげるとイキイキしてくるものなんだなぁっと実感した。

でもまぁ、そういう人って少ないんだろう。
細かいことを気にしてしまう人も少なくない。

だから、心を許せるほどのレベルまで達するには、お互いが気を使わなくても済むぐらいのレベルまで行かなければならないため、何かしら連絡を続けるなど、一緒に過ごす時間を持つなど許容してもらえる程の仲を作る最初のキッカケが必要だ。

そこから、離れ離れになっていても、10年間とか関係が続いている場合、『これって、もしかして一生会うほどの友人になれるんじゃないのか?』と思い始めるだろう。

兎に角、心を許せる友達を作るには、時間をかける、年数回でもいいから会うしかない。
自分の時間も相手の時間も使わなければ、絶対に親密になることはできない。

会う時間が殆ど取れない人とは、週1、2回の一言LINEを1年半とか続ければ、悩みや調べ事、相談をしてくれるぐらいに心を開かせることはできる。
しかし、それも最初のキッカケには、何かしら親密になる共有時間が必ず必要なのだ。

恋愛でいえば、2人だけの秘密的な?

消防士さんとかは、保育士や学校の先生と出逢い付き合ったりする機会を得やすい。
その理由は、防災訓練などの打ち合わせで顔を事前に合わせ、話す機会があるためだ。

キッカケさえ掴めば、あとは自分の行動力次第だろう。
友達を作るにも、自分から行動しなければ始まらない。
余程、魅力的か面白すぎる人は周りから来るかもしれないが・・・・・

まぁ、【心を許せる友人を人は欲している。】ものなのだなぁという記事でした。
posted by A M I at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする